サラリーマンを辞めて大丈夫なのか

 生活するには充分だとしても、この程度の年収でサラリーマンを辞めても大丈夫なのでしょうか。具体的な年収を言うと生々しすぎるので言いませんが、ちょっと給料の良いサラリーマン程度です。つまり、40代男性の平均年収の倍ちょっとぐらいしかなく、大きな企業の課長程度ぐらい?であり、私は不動産投資家の中では吹けば飛んでしまうような存在です。

 万が一私がこの先一切物件を購入しないとすれば、この収入は私が所有している不動産の価値が下がるのに比例して徐々に下がっていくでしょう。建物の経年劣化と共に家賃は下がっていくものです。

 さらに、持っている物件は全て東京なので地方ほどは人口減の影響は受けませんが、それでも20年30年というスパンで見れば不動産の価値が下がるのは避けられないと思います。もちろん、出生率が劇的に上がったり、外国人の移民の受け入れ等の社会状況の変化があれば別ですが、そこに期待して楽観的な予測はしていません。

 10年後には所有している物件の家賃は1割2割下がると思います。20年後には3割下がり、30年後には半分以下かも知れません。それでも普通のサラリーマン以上の収入はあるでしょう。さらに全く期待していませんし、貰えなかったとしても何の問題もありませんが、年金ももしかしたら少し貰えるかも知れません。

 そして30年後に残り人生があと数年となったら持っている物件は全て売り払ってしまうかも知れません。現在所有している物件の価格が半分以下になったとしても5000万を下ることはないでしょう。妻と二人で老人ホームで余生を送るのに充分な額です。

 この計算が成り立ったために私はサラリーマンを辞めても大丈夫だという結論にたどり着いたのです。

 そして、今の生活をしていると(別に質素というわけではなく、普通のサラリーマンと同じような生活です)税金などを全て支払った上でも東京の郊外で古くて安い戸建てや団地などを買えるぐらいのお金が毎年貯まります。なので当然今後も物件は買っていく予定です。

 もしも銀行から融資を受けないで現金で買っていけば、私の月収は毎年5~6万づつ上がっていくことでしょう(普通の不動産投資家の人たちが笑ってしまうような額です)。しかし、月収5~6万でも年間にすれば60~70万ぐらい収入が上がっていくのです。10年後に今の物件から上がってくる家賃収入が1割2割下がってもそれをカバーして余りあるのです。

 今後も私はチビチビと年収を増やしていくと思います。給料の上がらないサラリーマンの友人からは羨ましがられながら、そして他の不動産投資家に笑われながら。