不動産投資なら才能がなくても出来る

 同じ不労所得でも本や楽曲を書いて貰える印税、発明の対価として貰える特許料などは、元手も要らずリスクもない素晴らしい不労所得ですが、私にはそれらを行う才能がありません。しかし、不動産投資であれば特に必要な才能はありません。


 才能だけではなく、学歴も資格も必要ありません。良い大学を出ている必要もなく、いや、大学を出ている必要もなければ高校を出ていなくても構いません。銀行は融資をする際にそんなことは気にしないからです。普通に働いていて、サラ金とかでお金を借りていなければ(要は普通の人ならば)大丈夫なのです。

 さらに言えば、銀行から融資を受けないのであれば、働いていなくてもサラ金に手を出したことがあっても可能です。

 男性だろうが女性だろうが、老人でも20歳の大学生でも誰にでも門戸は開かれているのです。

 本当に平凡なサラリーマンだった私が得られる不労所得は不動産収入以外には考えられませんでした。

 高校入試から始まって大学入試、そして就職と人は能力や才能によってふるい分けられ、人生が決まっていきます。

 私は普通の高校を出て、地方の三流大学を卒業し、中小企業のサラリーマンとなりました。リーマンショックの際のリストラの対象にはならずに済んだものの、会社の業績もあまり良いとは言えず、サラリーマンを続けていたら10年前のリーマンショックの時よりも給料が高くなっている分、リストラの対象になる可能性は高かったでしょう。

 リストラになる前に、今後仕事をしなくても生きていけるだけの収入を不動産投資で得られるようになって本当に良かったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする