本当に老後1億円が必要なのか

 定年後、寿命を全うするまでに夫婦二人で1億円が必要と言われています。本当に老後1億円も必要なのでしょうか。

 これメルマガにも書いたんですが、この1億円という数字にはちゃんと根拠があるんです。

 60歳で定年退職して80歳まで夫婦二人で生きるとすると、年間500万円×20年=1億円という計算です。ひと月に直すと生活費として40万ちょっと使うことになります。


 もちろん、年間500万も使わない、子供は巣立っているし贅沢もするつもりもないから月に30万もあれば充分だという意見もあるでしょう。

 確かに30万もあれば夫婦二人普通に生きていくことはできます。でも、あまり余裕はないんじゃないでしょうか。育児に対しての出費はありませんが、間違いなく医療費は増えますし、大きな病気になったり介護が必要になったらアウトです。

 ちなみに東京で夫婦二人が生活保護を受けたとすると、住宅扶助を含めて約20万弱が毎月貰え、さらに医療費や通院のための交通費まで支給され、年金や国保、住民税などの税金、水道料金の基本料やNHKの受信料も免除されるので、月に25~30万近く使って暮らしている人と同等になると考えられます。

 つまり、月30万円で充分という人の暮らしは生活保護を受給しているよりは少しマシぐらいの生活ということですね。

 仮に月に30万で生きていくとしても、20年間で7200万円は必要となります。

 月に20万円でなんとか暮らしていく予定だと考えている人は、逆に貯金などせずに稼いだ金は60歳までに全て使い切り、老後は生活保護を受給した方が生活レベルは間違いなく上がります。

 さて、週に一度は外食をして、月に一度は温泉に行き、年に一回は海外旅行なんていう、私たちの親世代のような、いわゆる悠々自適の生活をするためにはやっぱり月に40万円ぐらいは必要ではないでしょうか。

 親の世代は、退職金3000万、年金が60歳から月に30万×12か月×20年で7200万、足して1億200万になり、定年退職時に貯蓄ゼロでも悠々自適な生活が約束されていましたが、私たちの世代は年金も退職金も期待しないと考えると(一応最悪を想定してということで。ただ、全く貰えないということはないと思っているので、そこらへんはまた明日書こうと思っています)、やっぱり、月に40万×12か月×20年=9600万が必要な額となり、約1億円ということになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする