シングルマザーは年収223万円で貧困状態

 今日のヤフーニュースで見たのですが、シングルマザーの平均年収は223万円しかなく、多くのシングルマザーが貧困状態に置かれているということでした。


 ニュースによると年収223万円では貧困だということです。しかも、母子家庭で223万円で貧困なのです。ご存じのとおり、母子家庭の場合は多くの手当や扶助が受けられます。

 例えば、母親一人、小学生の子供1人の家庭だったとします。まず、児童手当が月に5千円貰えます。次に児童扶養手当が41720円、児童育成手当が13500円もらえるので計6万220円。年間に直すと約72万円です。

 これだけで年収約300万円です。二人家族で年収300万円ならば貧困状態だと世間では言われるわけです。

 でも、もらえる手当や扶助はこれだけではありません。

 医療費に関しては年収223万円の家庭であるならば子供は無料ですし、母親は1割負担です。国民年金や国民健康保険も免除または減免です。

 交通費もJRであれば割引もあり、公営バスなどは無料であることが多い(自治体によって違う)です。粗大ごみを無料で捨てられたり、水道料金の免除や減免などもあります。さらに自治体によって、子供のお昼の食事代無料とかその他にも様々な手当や扶助などの制度があります。

 そうなると、母子家庭で年収223万円というのは、300~350万ぐらいの年収の人と同等かそれ以上と考えてもおかしくはないと思います。

 別に私は母子家庭に手厚すぎだなんてことを言いたいのではありません。もっと手厚くしても良いと思います。一人で頑張って子供を育てているんですからね。そういう弱い立場の人を守るために私たちは税金を払っているんですから。

 さて、私が何を言いたいかです。

 老後のお金の話になると、年に200万もあれば生きていけるとか、300万も使えれば充分だという人たちがいます。年に200~300万円でも生きていくことは出来ると私も思います。私自身もそんなに物欲が強くないので、年間300万で生きろと言われれば普通にそれで生きていけると思います。

 でも、それってニュースで貧困状態で苦しんでいる人たちって言われるぐらいの生活レベルよりもさらに低い状態なんですよ。300万もあれば充分って言っている人たちに国民健康保険や国民年金の免除、医療費の免除、住宅費の扶助、水道料金の免除とかってないんですよ。公営バスの無料だって70歳にならないと(東京都は)ないんですよ。児童手当も児童扶養手当も児童育成手当も貰えないんですよ。確かに生きていけるとは思いますが、本当に充分でしょうか。

 先日私が書いた、老後に夫婦二人で生活していくのに必要な額というのが、最低でも6000万だとか悠々自適ならば1億は必要だというのは誇張ではないということがわかって頂ける数字の一つの例として、年収223万(手当や扶助を抜いた数字)で世間では貧困で苦しんでいるというニュースになるということを出しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする