空気のよどみ

 自分の持っているアパートなどの部屋が空室になり、リフォームやハウスクリーニングなどを終えて、賃貸の募集に出します。

 一週間ぐらいですぐに入居申し込みが入れば良いのですが、1か月2か月空いてしまうこともあります。

 空室の場合人が住んでいなので窓もドアも締め切っており、数週間もすると空気がよどんでくるんですね。その空気のよどみがとても気になるのです。水道を流していないことによる下水の臭いが少し上がってきてしまうこともあるかも知れませんし、前の住人の人の臭いがかすかに残っているのかも知れません。でも、臭いだけでなくなんとなく空気がどよんとしてしまうんですよね。

 とにかく部屋を閉め切っていると必ず空気がよどんできてしまうので、一週間に一度ぐらいは私は部屋の換気をしに物件を回ります。

 窓やドアを全開にして空気を入れ替えると部屋がサッパリして、早く入居者さん来て!という感じになってくれます(笑)

 長く空いている部屋があったら必ずこまめに換気をしましょう。それだけで部屋が決まることだってあるのですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする