不動産投資はネットで検索することから

 不動産投資のスタートはまずはネットで様々な情報を得ることからでしょう。このブログを読んでいるのもネットで情報を得ていることになります。

 さらに一歩進んで、今度は健美家などのサイトで実際に販売されている物件の情報を詳しく見てみましょう。物件価格はいくらなのか。土地はどんな形でどれぐらいの広さなのか。接道は良いのか。建物は築何年なのか。建ぺい率や容積率がオーバーしていないか。告知事項ありの物件ではないのか。再建築不可ではないのか。想定家賃はいくらで利回りはいくらなのか。物件のある地域の平均的な利回りはどれぐらいなのか。

 これを実際に自分が買う気になって(買う気になるだけで構いません。あくまで妄想で結構です)、細かく調べてみるのです。

 まずは利回りでソートしてみます。15%や13%なんて高利回りの物件が並びます。上から見ていくと、はいこれシェアハウスだからダメ、これ再建築不可、こっちは全く接道していない、これは所有権じゃなくて借地権、などと除外していく内に極端に利回りが高い物はなくなっていきます。

 そこから、普通に融資がつく物件を見て、自分が購入すると妄想しながら検討していくのです。

 その後、Yahoo不動産やSUUMOなどのサイトで、これはと思った物件の周辺の家賃相場を調べ始めます。ネットに記載されている利回りが不当に高い想定でないかの確認です。そして、自分がその部屋を貸すとしたら家賃をいくらにするかを決め、実際の想定家賃がいくらかを考えていきます。

 こういった作業を繰り返していくことによって、間違いなく物件を見る目は洗練されていきます。

 物件周辺に実際に行ってみて駅から物件まで歩いたり、飲食店に寄ったりとということをしても良いかと思います。

 上に説明したようなことは、私たち不動産投資家が実際にやっていることと変わりません。なので、これらを妄想でやっていくことには意味があるし、まったくお金がかかることではないので(物件周辺に行くまでの電車代ぐらいはかかりますが)、やってみて損はないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする