出来ると信じることから

 先日メルマガにも「人間出来ると思えば出来る、出来ないと思えば出来ない」というのは本当だと思うと書いたのですが、人間出来ると信じて行動し続けなくては何事も成せないと私は思います。

 今まで不動産投資とは無縁の生活を送ってきた人が、いきなり将来俺は不動産投資で生きていくんだと言い出せば、周りの人は心配すると思います。そんなこと出来っこないよと。

 しかし、絶対不動産投資で生きていくんだと自分自身が固く信じれば、やり遂げることが出来ると思うのです。

 あの有名なナポレオンヒルの「思考は現実化する」でも言い方は少し違いますが、同じ意味の言葉が出てきます。

 「人が熱意を持って考え、できると明確に信じたことは全て実現できる。」

 日本の言い方とは違いますが、言っていることは同じですね。ただ、ナポレオンヒルの方がより具体的にそして正確な物言いになっていると思います。

 私もどうやったら仕事を辞められるのかを一生懸命考え、不動産投資でそれが実現できるという結論に達し、それを信じて行動した結果、時間はかかりましたがサラリーマンを辞めて不動産投資家として生きていくことが出来るようになりました。

 なんとなく胡散臭く聞こえますよね。信じれば出来るなんて。でも、これオカルトでもなんでもないんです。

 「熱意を持って考え」れば荒唐無稽なことは思い浮かびません。俺は神になるとか宇宙の支配者になるとかわけのわからない目標にはならないんですね。

 そして「できると明確に信じる」ことによって、それを達成するための行動に出ます。どうやって達成するのかを検討し、方法を見つけ、そしてそれに向かって突き進んでいくのです。

 逆に言えば、自分が達成できると思ったところまでしか行かないとも言えます。私の目標が日本で一番の不動産王になるなんて目標だったら、こんなところで立ち止まっていないでしょう。ただ、私の目標はサラリーマンを辞めても、贅沢しなければ働かなくても一生困らないだけの収入を不動産投資から得るというものだったので、そこまでしか行かないわけです。

 もしも、私がこれからそういった目標を持ってそれが出来ると信じれば私の行動はすっかり変わるでしょう。このブログを書く時間や子供と遊んでいる時間はありません。でも、私はそれを望んでいないのです。ですから私は日本一の不動産王には成れないでしょう。もちろん、自由な時間という代償を払わないで済むなら日本一の不動産王には成りたいですが、代償を払わずに成ることはできないと思います。

 そう、私は日本一の不動産王になりたいという情熱もありませんし、不動産王になるための代償を払うつもりもなく、代償を払わずに不動産王に成れるとも思っていない(そんなことが出来るとは信じていない)ので、不動産王には成れないのです。

 考え、信じ、行動する。これによって目標は達成されていくのです。考えず、信じず、行動しなければ何事も成すことはできません。それは不動産投資だけでなく、人生全てにおいて同じことなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする