不動産投資で節税は大切

 節税目的の不動産投資はおかしいと前に書きましたが、不動産投資において節税は非常に大切です。

 税金についてしっかりと勉強しないと払わなくても良い税金を余計に支払うことになり、ひいては不動産賃貸業自体が続けられるなくなることだってあるのです。

 よくいう黒字倒産みたいなことも実際に起こってしまいます。不動産投資における黒字倒産とはどういうことか。

 いわゆる税金のせいで勘定合って銭足らずの状態になってしまうことです。

 減価償却も無視して数字を簡単にして言いますね。不動産収入が1億円ありました。でも、ローンで買っているので、毎年6000万円ローンで払います。残りは4000万円です。年収4000万円だバンザーイということになると思いますよね。

 でも、1億円の不動産収入に対して税金が5000万円かかります。でも、6000万円ローンで払ってしまったので手もとに4000万円しかありません。税金5000万円払うのに1000万円足りなくなりました。

 こんな状態です。

 こういった事態を防ぐためには、課税所得を可能な限り減らしていかなくてはなりません。租税公課、減価償却、借入金利息などは当然ですが、交通費や接待交際費もきちんと経費として申告し、修繕も税金を見据えながら計画的に行っていかなくてはなりません。

 税金についてはまたこの後詳しく説明していきますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする