賃貸併用住宅の間取り

 賃貸併用住宅のアパート部分の部屋をどのような間取りにするかというのは結構難しい問題です。

 利回りを考えるならばもちろんワンルームですが、駅から離れた閑静な住宅街でワンルームの需要はありません。もちろん、ゼロではないので家賃を割安にすれば入居者はいるとは思いますが、それなら利回りは落ちても良いので初めからファミリータイプを作っておけば良いという話にもなります。

 逆に2LDKとか若い夫婦などが入れるタイプの間取りにした場合、それで利回りが極端に下がります。また、立地は駅近でなくても構いませんが、駐車場は必要になってくるでしょう。そうなると用意する土地は大きなものにならざるを得ません。

賃貸併用住宅
 自分が賃貸併用住宅を建てたい場所がすでに決まっているなら、その土地に合った間取りを選ぶことが大切です。

 せっかく駅の近くに親から相続した土地があってそこに賃貸併用住宅を建てようとしているのにファミリータイプのアパートを作るのは馬鹿げていますし、逆に住宅街に建てようとしているのにワンルームを作っても苦しくなるだけです。

 賃貸併用住宅を建てたい場所と、欲しい利回りとをしっかりと勘案した上で間取りを決めていきましょう。

 後から変えようと思っても、水回りを増やしたり減らしたりしなくてはならず、そんなに簡単に間取りは変えられませんからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする