高齢の入居者

 大家は高齢者を避けることが多いです。頑固な人が多いとか共有部分で勝手に花などを育て始めてしまうことがあるとか色々な理由があるのですが、最も心配なのは孤独死をされたら困るというものです。

 私、不動産投資をして10年以上になりますが、幸いにしてまだ一回もそういった事故にあったことはありません。ありがたいことです。

 ただ、私高齢者の方も普通に受け入れているんですけどね。大家仲間なんかはなるべく受け入れたくないと言いますが、私はあまり気にしません。逆に社会貢献になるんだから良いじゃないかとすら思ってます。


 孤独死の問題ですが、確かに若い人よりはその恐れは高いかも知れません。しかし、高齢者だっていきなり亡くなることは少ないですよ。

 普通は体調が悪くなって病院に行きます。そして入院して最後は病院でということになります。

 老衰で亡くなるほどの年齢の方はそもそも部屋を探したりしませんしね。

 もちろん、保証人には親族の方になってもらいますよ。全く天涯孤独の人では、体調が悪くなったり、認知症が出てしまったりした時に困りますから。

 親族の連帯保証人と、あとは家賃保証会社さえちゃんと間に入れておけば、高齢の入居希望者を断る必要は私はないと思っています。

 高齢の入居者は一旦住んだらまず退去することはありませんから、入居率も上がりますし、リスクはあるものの良いことの方が多い気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする