外国人の入居者

 外国人の入居希望者を受け入れるかどうかというのは、大家が頭を悩ますところではあります。知人が外国人に部屋を貸したところ部屋をグチャグチャにされたとか、ワンルームに大人数で住まれたとか、家賃を払わずにそのまま帰国して連絡が取れなくなってしまった、部屋で大騒ぎされて近所から苦情、ゴミ出しを守らないなどということはよく聞くところです。

 でも、ちょっと考えてみて下さい。日本人でもそういったトラブルってありますよね。確かに、日本人のモラルは外国人と比べると(もちろん、どこの国の人と比べるかにもよりますが)比較的高いと言えますし(治安の良さがそれを実証しています)、※文化の違いを理解していないということも当然あるわけですから、日本人と比べれば外国人の方がトラブルを起こす確率は高いでしょう。

 ただ、確率が高いからといって一律に外国人を受け入れないという選択肢は不動産投資家としてはどうかと思います。いや、不動産投資家というだけでなく日本人としてどうかという問題でもあります。困っている人を助けるというのは日本人として当然のことでしょう。

 もちろん、ボランティアでやっているわけではないのでリスクだけ負うわけにはいきませんし、犯罪にかかわるような(オーバーステイや不法入国など)人たちには貸すことはありません。

 不法滞在でなくしっかりしたビザがあり、きちんと連帯保証人も立てることが出来て、家賃保証会社の審査を通った人であれば私はどこの国の人でも断ることはしていません。

 不法滞在やビザという部分を抜かせば(日本人で不法滞在やビザがないという人は存在しないので)、日本人の入居希望者と全く同じ条件です。そこに差別はありません。

 ゴミ出しや騒音の問題などは入居前に不動産屋にきちんと説明してもらいますし、住んで良いのは最初の契約時に勝手に同居人を増やしてはいけない旨は賃貸借約款に記載していますからね。守ってもらえなければ退去してもらうまでです。日本人の入居者と全く同じ対応ですね。

 家賃滞納して帰国されちゃってもそれは家賃保証会社の方から払ってもらいますし、強制執行の判決を取るのも保証会社が裁判もやってくれますからね。

 繰り返しますが、何も準備をせずに外国人を受け入れれば間違いなく日本人と比べてトラブルが起きる確率は高いです。しかし、ビザの問題もなく、連帯保証人もおり、保証会社も通り、不動産屋さんから入居前にきちんと説明があれば、トラブルは決して多くないと思います(あくまで私の経験ですが)。

 私は外国人の入居希望者を積極的に受け入れており、今まで何度か外国人入居者のトラブルは経験していますが、トラブルの割合は私の体感ではそれほど日本人と変わらないと思います。もちろん、私のアパートの家賃は安いので日本人でも経済的に余裕のない人が入居するから日本人のトラブルも多いということもあるとは思いますが。

 私としては条件さえクリアしてもらえれば外国人日本人分け隔てなく受け入れています。その方が入居率は確実に上がりますしね。

 ※私は以前にアメリカで暮らしたことがあるのですが、アパートでベランダに洗濯物を干したら管理人に怒鳴り込まれました。アメリカではアパートに洗濯物を干してはいけないのです。こういう滞在先の国の文化を知らないことによるトラブルは、モラルがあるないという問題ではなく無知によって引き起こされる部分があるので、そういう意味ではその国の人よりも外国人(海外に行けば日本人は外国人です)の方がトラブルを起こしやすいのは事実です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする