借金が怖いですか

 誰でも借金するのは嫌だという感覚は持っていると思います。ましてや、不動産投資をするために借金をするなんてとんでもないと思う人も多いと思います。


 でも、そんな人達が住宅ローンを組んで銀行から何千万も借金をするのが怖くないというのは少し不思議な感じはしますね。

 不動産投資でアパートを購入するのに銀行から借金をするのは全く怖くありません。なぜなら毎月のローンは、私が払うわけではなく入居者が払ってくれるからです。

 例えば銀行に毎月20万円をローンの返済として支払わなくてはならなくても、入居者が家賃を40万円払ってくれるので(私はローンの額が家賃の半分以下の形で投資しています)、入居者が20万円のローンを払ってくれて、さらに私に20万円くれている形です。だから私の手出しはないんですね。

 形式的にそうなっているというだけでなく、家賃の振込口座は銀行の引き落とし口座なので、私自身一切銀行にローンを払っていないんですよ。入居者が振り込んだ口座から銀行が勝手に引き落としているだけで、私は関与していないんです。

 だから、私が病気になったり、怪我をして仕事が出来なくなっても私がローンを払うわけではないので、別に怖くもなんともありません。というか、もうサラリーマンはすでに辞めてしまっています。

 それに対して住宅ローンはかなり怖い借金と言って良いと思います。

 万が一勤めている会社が倒産してしまったり、リストラされてしまったり、怪我や病気で仕事が出来なくなった途端、ローンを払うことが出来なくなってしまいます。住宅ローンは本人以外の誰かが払ってくれるわけではないので、収入が途絶えたら払うことが出来なくなってしまうんですね。

 今の時代、絶対に勤めている会社は倒産しないとか、絶対にリストラされないと言い切れる人ってどれだけいるでしょうか。そうした人でも、絶対に怪我をしないとか病気をしないとかまでは言い切れないと思います。

 そうであれば、給料以外の収入がないのにもかかわらず、住宅ローンで何千万円もの借金をするのはとても怖いことに思えます。

 同じ借金をするならば、住宅ローンよりもアパートローンを組んだ方が遥かに安全です。

 次は良い借金と悪い借金の話をしようかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする