悪い借金だってした方が良い時はある

 前回、住宅ローンなどのお金を生まないような悪い借金はなるべくしない方が良いということを説明しました。

 しかし、「なるべく」というからには絶対してはいけないということではありません。

 頭の体操をしてみましょう。例えばですが、4000万円の現金を持っていたとします。

 この4000万円を使って4000万円のアパートを買うか4000万円の自宅を買うかという選択肢があります。両方買うという選択肢ももちろんありです。

 自宅を買えば収入は増えませんがアパートを買えば収入が増えます。つまり、自宅は負債でアパートは資産になりますね。

 この時に借金で負債で買うと悪い借金になってしまうので現金で自宅を買い、ローンで資産であるアパートを購入すれば良い借金なのでローンでアパートを購入というのが正解なのでしょうか。

 違いますよね。自宅はローンで購入するのが正解でアパートは現金で購入の方が遥かに良いのがわかりますか。

 住宅ローンは返済期間も長く金利も安いですが、アパートローンは返済期間も短く金利も高めです。

 なので、同じ4000万円のローンならば自宅をローンで買って現金でアパートを購入した方が得ですよね。

 さらに言えば、アパートの場合、現金で購入することは、非常に有利に取引を進めるための材料になります。売主が急いでれば当然ですが、それほど急いでいない場合でも、ローン特約(銀行でローンが組めなかったらこの契約はペナルティなしでチャラねっていう特約です)もつけないわけですから、指値の額も交渉しやすいです。

 確かに住宅ローンは悪い借金かも知れませんが、こういう場合は住宅ローンを組むべきですよね。そして現金で買ったアパートからの収入で毎月の住宅ローンは払えてしまいます。ということはトータルで見れば毎月のキャッシュフローはかなりのプラスになるのです。

 もっと言えば、アパートを現金で購入しているわけですから、抵当権がついていないわけです。これを共担に入れれば次の物件をすぐにローン(良い借金ですね)で購入することが可能です。

 どうでしょうか。こういうパターンだけでなく、色々な状況が考えられますが、収入を生まないものを絶対にローンで買ってはいけないというわけではないことがわかってもらえたでしょうか。

 もちろん、基本的には悪い借金はダメですからね。勘違いしないでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする